日記

1歳になったばかりのわが子が天才だと思う親の気持ち

これは親バカ全開の記事です。ご注意ください

わが子が天才だったのです。

多くの人は一度は「自分の子供が天才ではないか」と思うらしいですが、私もその例にもれることなくわが子が本当に天才だと思ってしまいました。

そんな気持ちを正直に日記としてここに書きました。

わが子は天才

これからわが子の天才エピソードを紹介ます。

妻がわが子を抱いている時に、私がわが子を妻の代わりに抱こうと手を出しました。

わが子は私が手を出したのを見て、すぐに私に向かって両手を出しました。私に抱かれるつもりのようです。

そこでもう一歩近づいてわが子の体を持ち上げようとしたら、手を引っ込めて妻に抱きつきました。そしていたずらっぽく笑っているのです。私をからかっているのですね。

今までは妻をからかうことはありました。私がわが子を抱いている時に、わが子が妻に向かって手を出します。そして妻が抱こうとすると、手を引っ込めて私に抱きつき、けらけらと笑うことがあったのです。

今日は初めて、からかいの対象が私になったようです。

私をからかったのは今日が初めてですが、妻を始めてからかったのは生後10ヶ月のころです。

この時のことはわが子のからかい行為が始まった 生後10ヶ月の赤ちゃんが親をからかうという記事を書いています。せひご覧ください。

母親に抱かれてうれしくてのけぞっている赤ちゃん
わが子のからかい行為が始まった 生後10ヶ月の赤ちゃんが親をからかう

続きを見る

0歳児が大人をからかうのって、すごいことだと思うのです。そんな話はまず聞かないですから。

とはいえわが子が今まで私をからかうことはありませんでした。

私はサラリーマンですから会社に仕事に行っています。仕事以外は必ず家族と一緒にいます。私がわが子といる時は、妻よりも私がわが子を相手にしている時間の方が圧倒的に多いです。

ここまでわが子に寄り添っているのですが、どうしてわが子は私をからかわなかったのでしょうか?

おそらくわが子は、常に自分と離れずにずっと世話をしてくれるのは母親だけで、母親との気持ち的なつながりがとても強いのでしょう。母親はからかっても嫌われることがないと信じられる存在で、遠慮せずにどんなことでもできるのでしょう。

私はわが子にとっては「へたなことをすると嫌われるのではないか?」と考えられる存在で、母親に比べたら一歩くらい親しみやすさが薄かったのでしょう。家にいない時間がある私は、妻ほどの信頼を勝ち得ていないと考えられます。

こう考えると少々寂しい気持ちはありますが、それ以上にわが子が人によって態度を変えていることを、この記事を書いている時に気付いて驚いています。

父親と母親の区別がつくようになるのは、生後8ヶ月くらいだと言われています。父親よりも母親の方が子供と接する時間が長い場合、母親と子供関係は父親より強固になるのは当然のことです。1歳では父親を嫌う子供もいるようです。

わが子の場合は母親が好き、父親が嫌いという単純なものではなく、からかうかからかわないかを生後10ヶ月から判断していたことに私は驚いています。

「親をからかいたいけど、お母さんならいくらからかっても嫌われないから大丈夫。でもお父さんをからかったら、もしかしたら嫌われるかもしれないからやめておこう。お父さんは自分を置いてどこかに行ってしまう時間があるから、からかって嫌われたら、戻ってこなくなるかもしれない」

こんなことを考えていたとしたら、0歳の子供ならばすごすぎですね。本当にそこまで考えたかどうかはわからないのですが、そうでなければ今まで私をからかってこなかった理由がわかりません。

私の子の考えが正しかったとしたら、最近はわが子が私に対して今までよりも強い親近感を持ってくれたのでしょう。

いろいろと想像してみますが、からかい行為が0歳で出たことも含めて、わが子の知能の発達はとても早くてすごいなあと思います。

自分の子供は天才だと思うことがあるという人は、86%にもなるという調査結果があるそうです。多くの人が自分の子供は天才だと思うらしいですが、私もわが子は天才ではないかと思ってしまうことがあります。

わが子が天才だと思う要素は、知能の発達や運動能力の発達を含めて、多岐にわたっています。

その主なものを紹介します。

  • 生後10ヶ月で親をからかうことがあった。
  • 言葉を理解する年齢が早すぎる。
  • 心拍数が基準値を下回るほどで心肺機能が驚異的に強い。
  • 0歳児でも両手でしっかりと物を投げつけることができた。
  • 超高速ハイハイをしていた。
  • ハイハイだけでなく動きが全般的にとても速い。

その他にもまだまだ「この子はすごいな」と思うことがたくさんあります。

親バカでわが子を贔屓目に見てしまうところはあると思いますが、ちょっと変わった成長の早い子供です。知能が高い子になるかどうかはまだはっきりわかりませんが、少なくとも運動神経はかなり高い子になると期待します。これからがとても楽しみです。

歩行も日々上達中です。

わが子は1歩踏み出してから1ヶ月で、靴を履いて歩き回れるようになりました。これはすごいことではないでしょうか。子供が8ヶ月で歩いたとい話は時々聞きます。でも生後12ヶ月で靴を履いて外を歩き回れるようにはなかなかなれないのではないでしょうか。

ただ靴を履いて歩くことについては、生後10ヶ月で靴を履いて歩いたなどという情報を、インターネットで見たことがあります。

しかしどうやら靴を履かせて立ち上がらせて、一歩足を踏み出した状態でも「靴を履いて歩いたのは生後10ヶ月」と言っている人がいることもわかりました。

わが子は靴を履いて一人で立ち上がり、自転ばずにスタスタと自由に歩き回ることができた時、初めて「靴を履いて歩いた」と言えるのだと思っています。

路上で歩き回るようになったわが子ですが、歩き出すと50m位は続けて歩くようになりました。毎日歩行能力が成長しているのを感じられます。

またよくしゃべるようになりました。宇宙語ですが、ずっとしゃべっているのです。30分以上しゃべり続けることもあります。いつか突然言葉を話すようになるかもしれません。

子供の成長が楽しくてたまりません。

(親バカの心の声)きっとわが子は天才です(笑)。

 

-日記

Copyright© ゆうゆうき 子供のためにできること , 2022 All Rights Reserved.