学習3~4歳

子供をピアノを習わせるのはいつから? 成長の様子を見て決めることをオススメします

子供の習い事で大人気のピアノですが、何歳から習わせるのか迷っている方も多いと思います。

インターネットで調べると、子供にピアノを習わせる最適な年齢がまちまちです。3歳からだと言われることもありますし、5歳からだと言われることもあります。また小学生になってからでも充分だとされていることもあります。

何歳から通わせるべきなのか、私の経験から気付いたことを紹介します。

ピアノを習わせるのはいつから

ピアノを習わせる年齢は〇〇歳からだとはっきり言いきる情報は多くありますが、年齢でピアノ教室に通わせる時期を決めない方がいいと私は思います。成長の度合いは子供によって違うからです。

私の経験上ピアノ教室に通わせる時期を決めるには、以下の項目ができるかどうかを見極めるべきだと強く感じています。

  • 椅子に30分間座っていられる。
  • 人に慣れていて知らない先生でも嫌がらない。
  • 先生の指示を言われた通りやろうとする。
  • 右、左が理解できている
  • ひらがなが読める。
  • 音楽に合わせて踊ることができる

このくらいのことができていれば、すぐにピアノを弾く練習をさせてもらえるはずです。

特に重要なのはレッスン時間(一般的に幼児のピアノレッスンは30分)はずっと椅子に座って先生の言うことを聞くことができるかどうかです。

これを見極める時に気を付けるべきことがあります。3歳児は好きなことなら30分くらいは集中して遊べる子もいます。わが子も好きなことは長い時間続けて遊ぶことができました。しかしそれだけでピアノレッスンが30分続けて受けられるとは限らないのです。

あまり好きではないことを、30分間続けられる3歳児はほとんどいないと思います。ピアノを弾くのが最初から好きで好きでたまらない子供だとしても、その子はただやりたい時にやりたい方法でピアノの鍵盤をたたくのが好きだというだけで、先生の言う通りにしなければいけないレッスンには合わないかもしれません。そうなると急速にやる気がなくなり、レッスンが30分間受けられない可能性もあります。

わが子は親がやりたくないことをやるように言うと嫌がることがありますが、親ではない人に指示されるとどんなことでも我慢して従います。これはスイミングスクールや体操教室で確認できています。

それらを考慮するとわが子はピアノ教室の先生が優しく指示してくれれば、それに30分間従うことができると思えました。

先に上げたその他の項目のすべてもわが子はできていましたから、わが子をピアノ教室に通わせようと考えた時点で、ピアノを弾くレッスンを受けられる能力はあると私は判断しました。

リトミックの必要性

木の床の上に置かれた黒いグランドピアノと椅子

前章であげたような能力がなくてもピアノ教室に通うことはできます。

先生と一緒に歌を歌うとか、先生の弾くピアノの音に合わせてトライアングルを叩くとか、先生のピアノに合わせてドレミファソラシドを発音するなどのレッスンを実施するピアノ教室は多く、そのようなところに入ってレッスンを受けることはできます。

このようなレッスンはリトミックと呼ばれていて、音楽の基礎になるとされています。まだピアノの鍵盤をたたくことが理解できない子供や、椅子に30分間座り続けられない子供にもできるレッスンです。リトミックは音楽の基本能力を上げるとか、集中力を高めるなどの効果があると言われています。

ピアノを弾くレッスンを受けることやリトミックのレッスンを受けることは、なるべく早く始めたほうがいいと思っています。しかし幼い子供にはリトミックしかできないこともあり、ピアノが弾けない子供もリトミックなら習えます。早い時期に音楽を始められることになります。

私は3歳とか4歳という早い時期から音楽を始めることで、音楽的能力は高まると思っています。もしピアノを弾くレッスンがほんの少しの時間しかできなかったり、またはまったくできなかったりしたとしても、早い時期からピアノ教室に入るほうがいいと思います。(ピアノ教室ではなくリトミック専門の教室に入ることも可です。)

3歳~4歳で30分のレッスン時間の間、椅子に座ってピアノを弾くレッスンが受けられない場合はリトミックを習い、ずっとピアノを弾くレッスンを続けられる場合はピアノ教室でピアノを弾くことを習うのがいいのではないでしょうか?

体験レッスンをしてみましょう

多くのピアノ教室は、体験レッスンをしてくれます。わが子もやってみました。

この時に重要なのは、希望をしっかり伝えることです。

わが子は3歳でピアノの体験レッスンを受けましたが、本来なら3歳だとリトミックしかできないと決めつけられて、ピアノを弾かせてもらえない可能性があります。体験レッスンがリトミック中心になってしまうかもしれなかったのです。

私としてはわが子がリトミックではなくピアノを弾くレッスンが最初からできるかどうかを先生に確認してもらいたかったのです。そのためわが子の特徴と能力を先生には伝えておきました。その甲斐あってわが子は5歳くらいの子が行うことを、体験レッスンでさせてもらえました。

最初からどの音符がどの鍵盤であることをすぐに教えてくれて、簡単にピアノを弾くようなレッスンを希望される方は、あらかじめそのような希望を先生に話しておき、それに耐えられるかどうかを確認してもらうといいでしょう。

その後も先生はわが子を3歳児だと思わず、なかなかのハイペースでガンガン進めてくれています。教える先生もついていくわが子もすごいなあと思っています。わが子と先生の相性は良さそうです。

このように体験レッスンは先生との相性を見るためにもとても重要です。先生がどのような人なのかは体験レッスンで見極めなければなりません。

3歳くらいの子供に対しては、優しくてあまり生徒の技術の向上にこだわりを持たない先生もいるようですし、生徒が高いレベルになってくれることを真剣に考えてくれる先生もいます。

音大を目指すならば生徒を真剣に教える先生でないとダメですね。これは話していると何となくわかります。

わが子の通うピアノ教室の先生は優しい方ですが、本気でピアノの技術を学ぶべきレベルに達した時には、きっととても厳しい指導をしてくれると思います。わが子を教えてくれる先生ならば、本気で音大を目指すことになったとしてもその技術をしっかり教えてくれそうだと思えました。

いろいろなことを書いてきましたが、体験レッスンを受ける場合のポイントをまとめます。

  • 年齢は(生後何歳何ヶ月かも)必ず伝える。
  • どんなことができるのかできるだけ細かく子供の能力を伝える。
  • リトミックでいいのかすぐにピアノを弾かせてもらいたいのか決めておき、それを伝える。
  • 自分の希望しているレベルにしてくれる先生かを見極める。

漠然と体験レッスンを受けるのではなく、しっかりと多くのことを要求して確認することがとても大切です。

早い時期からピアノを習わせる必要はある?

私は少しでも早いうちにピアノを習わせたかったです。それは確固たる理由がありました。

絶対音感などの能力が身に付く

一般的に考えると、年長もしくは小1からピアノを習うのが最もいいのではないかと思います。このころになれば知能が育っていて先生の言うことはほとんど理解できますし、集中力も付いていると思えるからです。

その年齢ですと途中で嫌になって辞める可能性も減りますし、効率的に技術を習得できると思います。

しかし早い時期からピアノを習わせるメリットもあるという情報がネット上にはたくさん見つかります。

「早く始めた方が絶対音感が付きやすい」「音楽などの感性が伸びるのは5歳まで」などといった意見です。3歳からピアノを習わせれば特殊な能力が身に付く可能性があるということは、とても魅力でした。

ピアノを弾くレッスンを受けられるだけの能力が備わっていると判断したら、すぐにピアノを習わせることを私はおすすめしたいです。

それ以外にも私が少しでも早い時期からピアノを習わせたいと考える理由があります。

早い時期にできることを増やすと能力が上がる

少しでも早い時期にできることが増えると、能力が上がるとわたしは思っています。

わが子はここまでできることが増えると、その瞬間から他のことも急激に成長する姿が見られました。

赤ちゃんの時にはズリバイができるようになった瞬間から、おもちゃで遊ぶことができるようになりました。

自転車に乗れるようになった瞬間から、言葉が大きくレベルアップしました。

できることが増えると「うれしい」という強い刺激が脳に入り、その結果成長が進むのではないかと今までの経験から考えています。

もしピアノも上手に弾きこなせるようになれば、大きな刺激が脳に入ると思います。少しでも早くピアノを弾きこなしたという刺激が入ることで、知能の成長も早まると思うのです。

まとめ

ピアノ教室に行かせる年齢は、私はすぐにピアノを弾けると先生に判断してもらえる能力が身に付いてからがいいと思います。

体験レッスンはどのようなレッスンを希望するかを決めていくことをオススメします。

体験レッスンは漠然と受けるのではなく、先生との相性も見極めなければなりません。

これからわが子の上達状況を時々このブログで紹介していく予定です。もしよろしければ見ていただけると嬉しいです。

 

-学習3~4歳

Copyright© ゆうゆうき 子供のためにできること , 2022 All Rights Reserved.