日記

しゃがんで遊ぶことができるのはいつから? わが子は0歳9ヶ月でしゃがむことができるようになりました

いつごろからか、わが子がしゃがんで遊ぶようになっていました。

しゃがんで遊ぶのは、1歳9ヶ月くらいからという情報を見つけました。わが子は今0歳9ヶ月ですから相当早いようです。

しゃがんで遊べるようになった理由と、0歳でしゃがむことができるメリットを紹介します。

しゃがむことができるとは?

しゃがんで遊ぶと言っても、その判断が人それぞれです。

おしりを床に付けている状態でもしゃがんでいると思っている人もいるようですが、それは座って遊んでいるだけだと私は思います。おしりを浮かせて座った状態になっていないと、しゃがんでいるとは言えないと思います。

またしゃがんでおしりを浮かせていても、おもちゃ箱や台などに手を伸ばして体を支えている場合も、純粋にしゃがんで遊んでいることにはならないと思います。

インターネットで調べてみても、おしりを床から浮かせた状態でしゃがんだポーズをして、さらに手で体を支えずに遊んでいる姿を紹介している情報は、どこにも見つけることができませんでした。

 

わが子の場合ですが、もちろん0歳9ヶ月でおしりを床に付けずに座って遊んでいます。正真正銘のしゃがみポーズです。

おしりを浮かせるのは一瞬だけではなく、その状態で遊び続けていることが最近はよくあります。

これが当たり前のことだと思っていたのですが、意外にしゃがむことができる赤ちゃんが少ない最近知りました。

(おしりを浮かせて)しゃがんだ状態で、長い時間遊び続けられる赤ちゃんが少ないとしたら、どうしてわが子はそれができるのか考えてみました。

 

わが子は強烈に速いハイハイを、毎日数百メートルしています。このことで足腰が特別に強化されているのでしょう。

おしりを浮かせたしゃがみ姿勢を取っても、少しの時間ならば足の疲れが気にならないくらいの体力がないとしゃがみ姿勢は取らないでしょう。

しゃがみ姿勢は意外に体力を使うのです。おしりを浮かせても疲れが気にならないほどの筋力がない限り、純粋にしゃがんで遊ぶ(おしりを浮かせて遊ぶ)ことはないと思います。

これは私の想像ですが、赤ちゃんの時にしゃがむことができない子は姿勢の問題があるのかもしれません。

まだお座りをさせるべきでない時期に、親によって強制的にお座りをさせられた赤ちゃんは、もしかしたら腰の骨を曲げて座る癖がついてしまうのかもしれません。

腰の骨を曲げて座ると、重心が体の後ろ側にかかります。そのためしゃがむとおしりが床に着いてしまうのではないかと思います。

わが子は背筋がいつもピンと伸びています。しゃがんでも後ろに重心がかからないので、おしりを付けることなくしゃがめるのかもしれません。

またしゃがんで遊ぶ場合、バランス感覚が優れていないとできないでしょう。

おしりを浮かせてしゃがむには、バランス感覚がある程度育っていないと、すぐにバランスを崩しておしりを着いてしまうでしょう。成長すれば簡単にしゃがむことができるのでしょうが、まだ0歳の赤ちゃんでは、バランス感覚の成長が未発達です。そのため本物のしゃがみ姿勢が取れないかもしれません。

最も大きいのは気持ちの問題ではないかと思います。

0歳の赤ちゃんにとって、しゃがんでおしりを浮かせて遊ぶ必要はあまりありません。それはおしりを床に付けても、おしりを浮かせても、体制はあまり変わらないからです。

赤ちゃんはみんな足が短いので、おしりを床に付けてもおしりを浮かせても、手を前に伸ばしておもちゃなどを取ろうとした時、おしりを浮かせていたほうがわずかに遠くまで手が届くくらいの違いしかありません。

これならばおしりを付けたまま遊んだほうが楽ですから、わざわざおしりを浮かして遊ぶことはないのでしょう。

手元を真上から覗き込みたいとか、手を伸ばして届く範囲を広げたいなどの気持ちがないと、おしりを浮かせてしゃがむことはないでしょう。

その気持ちを持ったうえで、必要な筋力やバランス感覚を持った子が0歳のうちにしゃがめるのだと思います。

しゃがむことができるメリット

早い時期にしゃがんで遊ぶことができる場合のメリットを考えてみました。

この時期にしゃがめたことで、絶対に将来しゃがめない子供にはならないというメリットはあります。

近年はしゃがむことができない子供が増えていると言われています。

0歳で正しいしゃがみ方ができている子は、将来的にしゃがむことができない子供にならないことは間違いありません。

その他の考えられるメリットは足腰が鍛えられることです。

初めての歩行はつかまっているものから手を放すことでできるようになることが多いようです。歩けるようになる前に、床から何もつかまらずに立ち上る子はあまりいないようです。

しかし歩く前にしゃがめると、何もつかまらずにそのまま立ち上がることができるのです。わが子はしゃがむようになってから、毎日何もつかまらずに立ち上がることを繰り返しています。

しゃがんだ状態から立ち上がることで、足が鍛えられることはメリットになると思います。

0歳でしゃがめた子はその時期に多くの子供が体験しない体の使い方をしているわけです。0歳でしゃがむ時に使う筋肉を鍛えることができるのは、0歳でしゃがめた子だけなのです。

もしかしたらそれがほんのわずかでも、これからの運動能力に影響があるかもしれないという思いを募らせています。少しでも早い時期からできることが増えることは、メリットになる場合があるかもしれません。

まだ0歳のうちに足腰を鍛えられることで、歩き出したらすぐに歩行が上達することにつながるかもしれません。

 

-日記

Copyright© ゆうゆうき 子供のためにできること , 2022 All Rights Reserved.