意識と悩み0~2歳

子供を川遊びは、親が注意していれば安全にできました

夏になると川遊びで子供が亡くなったという報道が、毎年10件以上あります。そのため川遊びは危険だという認識を持った人も増えているように感じます。

もちろん川遊びは危ないですが、注意しながら川で子供を泳がせれば、決して危険ではありません。

しかし現実には、危険をまったくわかっていないために、やってはいけないことをしている子供もたくさん見受けられます。

お子さんが川遊びで事故に遭わないようにするため、どのようなことに注意すればいいのかまとめました。

川遊びは危険

川遊びは危険ではないと思っていました。私は山奥で生まれ育ちましたから、危険な川遊びはたくさんしました。

中学生になった時には、流れが急で水深が5mくらいある川で泳ぐことも珍しくありませんでした。

流れが激しいので渦が至る所に発生し、渦に巻かれると、一瞬で3~4m下まで引っ張り込まれます。それでも危ないとはまったく思うことはなく、それを楽しんでいました。渦に巻き込まれても落ち着いていれば5~10秒後には自然に浮き上がって、水面に顔を出せると分かっていたからです。

そのような川は、確かに慣れていない子供には確かに危険だと思います。私たちがやっていたのは、急流下りみたいな遊びです。かなり深い淵に飛び込んで、そこから500m以上の距離を泳ぎながら流されていきます。深いところも浅いところもありますが、すべての区間はどんな水泳の達人でも、流れに逆らって泳ぐことはできないレベルの流れの速さでした。

このような遊びでも、絶対のルールがありました。泳ぎの下手な子は、そのコースを泳がないというものです。勇気試しみたいな趣もあったため、度胸のある子だけしかやりませんでした。限られた子供しかやらないことだったため、水難事故も起きていなかったのだと思います。少なくとも地元の子供が、そこで亡くなったという話を聞いたことはありません。

このような遊びをしてきた私であるからこそ、川遊びの本当の恐ろしさを知っています。川遊びははっきり言って危険です。流れの急な川のことをよく知らない子供が、私たちが遊んだ川を流された場合、100回に1回は死亡事故につながるのではないかと思います。

自分の子供が川遊びをして水難事故に遭わないようにするためには、私は川遊びをよく知り尽くした親が、子供のころから徹底的に川遊びの楽しさと怖さを教え込むことが大切だと思います。

川で自分の子供が悲しい水難事故に遭わせないようにするには、子供のころから川遊びをさせて、川で遊ぶことについて、正しい知識を身に付けさせることが何より大切だと思います。

とても危険な川遊び

これは今年の7月の話です。

私が2歳の子供を連れて、川遊びに行った時のことです。私たちが遊んでいるのを見て、他の家族がやってきました。

家族構成は以下です。

小学3年くらいの男児

小学5年くらいの女児

40歳代の女性(母親?)

60歳代後半の男性(祖父?)

話している内容から、小学3年くらいの男児は、泳ぐことができないことがわかりました。その子が姉に連れられて、何と急流を歩いて下って行ったのです。

足元は石がゴロゴロ。藻が付いていてよく滑ります。水量もかなりあります。

転倒して流されたら、泳げない子供では何もできないままパニックになるでしょう。流されたら30%くらいの確率で、男児は死亡するのではないかと思いました。

幸い事故もなく戻ってきたのですが、大人が付いていながらあんな危険なことをさせるなんて、私には考えられませんでした。

さらに70歳近い男性は、川の淵でシャチの浮き輪に乗ろうとしました。私も同系の浮き輪を持っていますが、これは簡単にひっくり返ります。しかも近くには岩がありました。

予想通り男性がシャチに乗った瞬間に、シャチごとグルンと半回転して男性は川に落ちました。たまたま岩の反対側に回って落ちたのですが、岩側に倒れたら、岩で頭を打った可能性があります。しかも一瞬で水中に落ましたから、鼻などに一気に水が入ってパニックになったり、体が硬直してしまったりするかもしれません。

どれほど危険なことをしたのか、この男性も家族たちも、まったくわかっていないようでした。

このようなことを平気でする家族では、何回も川遊びをすれば、いつか事故に遭う可能性はあるでしょう。

わが家の事故対策

そんな危険な川で2歳の子供を遊ばせている私たち家族だって、無茶なことをしていると思う方がいるかもしれません。

でも私たち夫婦は、万全の態勢でわが子を見守っています。

子供のそばを離れない

子供の傍らを離れることは絶対にありません。車で川に到着して車をわが子が下りてから、帰るために車に乗り込むまでの5時間の間、私たち夫婦のどちらかが、必ず子供から3m以上距離を取ることはありませんでしたし、一瞬たりとも目を離したことはありませんでした。

ライフジャケットを着用させる

子供にはしっかりとライフジャケットを着用させています。親の手から離れても、水面で自分で呼吸ができるレベルの態勢を維持できるようにしてあります。

-意識と悩み0~2歳

Copyright© ゆうゆうき 子供のためにできること , 2022 All Rights Reserved.