日記

子供のサッカーの才能を考える 1歳2ヶ月でインステップキックの基本ができているわが子

1歳2ヶ月のわが子はサッカーの才能があるのではないかと思うようになりました。

まだ1歳2ヶ月なのにサッカーの才能があると言う親がいたとしたら、普通なら「正気なのか?」と訝しく思うのではないでしょうか。

しかし本当にわが子にサッカーの才能があるように思えるのです。

その理由をこれから紹介します。

本当にサッカーの才能があるの?

そもそも1歳2ヶ月では走れないことが普通ですし、ボールなど蹴れる子がいるはずがないと思う人も多いと思います。

しかしわが子は1歳2ヶ月でもう走りますし、最近ボール蹴りがとても上手になりました。きれいにボールを蹴っています。歩いて足にボールが当たっているのではなく、わが子はしっかり蹴っています。

わが子の蹴ったボールが壁にぶつかって激しい音を立てることもあるので、しっかり蹴れているようです。

ネット上で情報を集めてみるとボールが蹴れるようになるのは、一般的には2歳前後だということです。わが子はかなり早い時期にボールを蹴れるようになったようです。

早い時期にポールを強く蹴れるようになったとしても、「たったそれだけでサッカーの才能があるなんてわからないでしょ」と思われる人がほとんどでしょう。

しかし1歳2か月のわが子がボールを蹴った動画を見たのですが、スロー再生して、びっくりしてしまいました。蹴るための基本動作の大半を、わが子がやっていたのです。

この画像は蹴る直前です。

右足で蹴るためにしっかりと左足を踏み込んでいます。すごいのは右手を上げて体のバランスを取っていることです。


足を振るのですが、何と左の軸足を少し曲げています。そして右足の振りは、ひざから振りに行っています。これらはサッカーのインステップキックの基本がすべてできていることになります。


蹴るのはさすがにまだ1歳2ヶ月ですから、足首を伸ばして固定することができていません。トゥキックに近い形になっています。

ここは改善しなければいけないのですが、それ以外では1歳2ヶ月児ならば上出来のフォームで蹴っています。

この月齢では細かな体の使い方を教えたところで理解できないでしょうし、理解しても実践することは難しいでしょう。

もちろんわが子にボールの蹴り方はまったく教えていません。わが子に練習させているわけではなく、適当に遊んでいるうちにこのような蹴りかたをすることができるようになりました。サッカーの才能があるのではないかと本気で思ってしまいます。

1歳2ヶ月でもうすでに走り回っているわが子です。ハイハイは1秒間に120cm進むことができるほどの超高速でしたし、父親の私が走るのはかなり速かったので、わが子も走るのが早い可能性があります。

私は誰にも負けないほど俊敏性もありました。サッカーをするには絶対に必要な能力です。それもわが子が受け継いでくれたら、サッカーをするなら大変な武器になります。

 

わが子のボール蹴りの技術ですが、このくらいは1歳2ヶ月でどのくらいの子供ができることなのかよくわかりません。でもボールを蹴れるのも平均で2歳ですから、ここまでできるわが子はすごいと思っています。

しかし平均はともかくとても運動神経が優れていてサッカーの才能がある子はまだまだ世にはたくさんいて、こんなことは結構その辺に転がっているレベルなのかもしれません。

それでもわが子は1歳2ヶ月で、かなりきれいなフォームでボールが蹴れていることは事実ですから私は満足しています。

 

私は少しだけサッカーをしたことがあります。経験者といえばそう言えるのかもしれません。経験したスポーツを子供にやらせたいと考える親御さんは多いみたいです。

1歳になったばかりの子供にボールを蹴らせているのですから、私がわが子をサッカー選手に育てようとしていると思う人もいるかもしれませんね。

しかし私は幼児期に多くのことを経験させて、いろいろな体の使い方を学んでほしいと思っていただけです。その一環としてボール蹴りをさせました。わが子のために蹴りやすいボールを買って転がしておくと、わが子が喜んでそれを蹴ってくれました。そして技術が自然に向上していったのです。

このようにボール蹴りだけでなくたくさんの運動をさせることで、運動の基礎が年齢の低いうちに出来上がることを期待していますし、脳に刺激が入って知能が向上することも期待しています。わが子もボールを上手に蹴れるととても嬉しそうで、その嬉しさがいい刺激になっているように思えます。

運動神経がよくなって欲しいと強く願います。しかしわが子をプロサッカー選手にしたいという気持ちは、ほとんど今まで持っていませんでした。

 

しかしわが子がきれいにボールを蹴れるようになっているのを知ると、幼稚園に行っているうちからサッカーを習わせみようかと思う気持ちになっています。

まだ1歳になったばかりのわが子に対して、何かの才能があるかもしれないと考えているこの時期が、一番楽しいのかもしれませんね。

わが子にはサッカーか野球のどちらかをやらせたいと思っていました。最近のボール蹴りの動きを見て、野球ではなくサッカーに気持ちが傾いています。

ジュニアユースなどに入って、すごいチームから誘いが来るようなことになったら大変だなあと、今のうちから楽しく想像させてもらっています。

しっかり勉強させて東大に入れたい(笑い)と思っているのに、プロのサッカーチームに誘われたらどうしようとまで考えたりするこの時期は楽しいですね。

こんなことを思わせてくれるわが子が頼もしくてたまりません。

 

-日記

Copyright© ゆうゆうき 子供のためにできること , 2022 All Rights Reserved.