意識と悩み3~4歳

子供のピアノ教室はグループレッスンと個人レッスンのどちらがいいの?

幼児にピアノを習わせようと考えている方は、グループレッスンのピアノ教室と個人レッスンのピアノ教室のどちらを選ぶか迷っていませんか?

わが子がピアノ教室に通い始めてから2ヶ月が経って4歳になりましたが、レッスンを受ける回数が増えていくうちに、最初にピアノを習う場合はグループレッスンと個人レッスンのどちらを選ぶのかはとても大切だと感じるようになりました。

わが子を個人のピアノ教室に通わせていますが、グループレッスンではなく個人のピアノ教室でよかったと心から思っています。しかしどんなお子さんでも個人のピアノ教室に通うことがベストではないと感じています。グループレッスンでピアノを習ったほうが、しっかりピアノを学習できる場合もあるのです。

個人レッスンのピアノ教室について

グループレッスンは6人くらいの集団でピアノを習うものです。それに対して個人レッスンは、1人の生徒に対して1人の先生が教えます。マンツーマンでの指導になります。

私のイメージでは真剣にピアノを習わせようと考える場合は個人レッスンで、楽しくピアノという楽器に触れさせたいと考える場合はグループレッスンという感じにとらえています。

最初に個人レッスンのピアノ教室のメリットとデメリットを考えてみました。

個人レッスンのピアノ教室のメリット

1) ピアノを弾くことが合っている子は上達が早い

3歳~5歳の幼児で個人レッスンのピアノ教室を選ぶべき場合があります。子供がピアノを弾くことに向いている場合です。

  • 指先がとても器用
  • ひらがなが読めて書ける
  • 明らかに同じ学年の子よりも落ち着きがある
  • リズム感がある
  • 何となく知能が高そうに感じている

これに加えて親御さんが子供を本気でピアノが上手になってほしいと願う場合は、絶対に個人レッスンのピアノ教室を選ぶべきです。

わが子にカワイ音楽教室のグループレッスンを体験させたことがあります。幼稚園の課外活動でした。

妻がわが子を連れて行きました。6人でレッスンを受け、わが子以外の5人は先生の言うとおりにすることがほとんどなく、10分もしないうちに教室の隅にあるおもちゃ箱のまわりに集まり、みんなおもちゃで遊び始めたそうです。

言われたとおりに最初から最後までやったのはわが子1人だけ。最後の挨拶の時にもみんなおもちゃに夢中になっていて、わが子以外は挨拶もしなかったそうです。親御さんもお子さんに「挨拶してね」と言うこともなかったということです。

まだまだ3歳児では、言われたことをやり続けることが難しいことがよく理解できました。

もしこのようなメンバーでレッスンをした場合、全員が先生の言うことを聞いてできるようになり、次のステップに進むまでにはかなりの時間がかかりそうです。

わが子も他の子と一緒になってレッスンを無視して遊んでいるのなら、このグループレッスンをやらせてもいいと考えたかもしれません。全員で同じようにレベルアップしていけばいいからです。

しかしわが子は最初から言われたとおりのことをしていましたので、知識や技術の習得スピードが他の子と少し違う気がしました。そこで個人レッスンのピアノ教室を選びました。

結果は大正解でした。3歳10ヶ月でピアノを習い始め、2ヶ月後の4歳0ヶ月では簡単な曲なら片手ずつ交互にメロディーを弾くことができるようになりました。

グループレッスンのいいところもたくさんあると思います。しかしもしわが子がグループレッスンをした場合、今のわが子のレベルになるには半年では間違いなく不可能です。わが子にとっては個人レッスンのピアノ教室を選ばなければ、上達が大きく遅れたことになります。

本気でピアノを習わせるとか、少しでも早く上達をしてほしいなどの気持ちがある親御さんは、個人レッスンのピアノ教室を選んだほうが後悔がないと思います。

2) 時間や曜日を変更できることがある

レッスンの時間や曜日をピアノ教室によっては途中で変更することが可能です。もちろんできない教室もあるでしょうが、わが子の通っているピアノ教室は空きができればその時間に変更することは可能です。

幼児期の習い事は増えることもあります。どうしてもピアノ教室に通う日に別の習い事をさせたい場合、ピアノ教室のレッスン日が変えられるととても助かります。これはグループレッスンのピアノ教室ではできないことです。

個人レッスンのピアノ教室のデメリット

1) 続けられない確率が少し高い

個人レッスンのピアノ教室のデメリットは、グループレッスンのピアノ教室よりも続けられない確率が高いと思います。

まだ幼い幼児の場合、おとなしめの子はなかなか1人で先生の言うことを聞いて行うレッスンに慣れないため、ストレスを感じることがあるようです。わが子もその心配があってピアノ教室に入る時期が希望より半年ほど遅れました。

まわりに同年代の子が誰もいない状態でレッスンを受けることは、大人には何てことはないことかもしれませんが、子供には大きなストレスを受けることもあります。そのため続けられないことがあります。

個人レッスンのピアノ教室の場合、まわりの子に励まされたり競争心を持ったりしてやる気も出ることがありますが、個人レッスンのピアノ教室でそれがありません。

またレッスンが始まったばかりのころは、なかなか子供がピアノに興味を持てないため家で自主練習もしないしピアノ教室でのレッスンにも身が入らないことが多いです。大勢で行うグループレッスンの方が、同じ境遇の子がまわりにいるのでやる気が出やすいです。

年齢が低ければ低いほど、個人レッスンのピアノ教室の方が習いにくいという子は多いと思います。

2) 先生に合わないと上達が遅くな

わが子は個人レッスンのピアノ教室に入っていますが、先生との相性がとてもいいです。ただしもし別の先生だった場合、わが子の上達はもっと遅かったと思っています。先生に合うか合わないかで上達は大きく変わります。

子供に合った先生を見つけることは意外に大変です。

ただし子供にぴったり合った先生を見つけることができたら、予想以上の上達が見込める場合もあります。

グループレッスンのピアノ教室について

私自身は個人レッスンのピアノ教室を選ぶべきだとは思いますが、グループレッスンのピアノ教室を選ぶメリットもたくさんあります。

グループレッスンのピアノ教室のメリット

1) 早い年齢でもやめることが少ない

ピアノは3歳や4歳から始めた場合、レッスンが楽しくなくてやめてしまうことが結構あります。またやめないにしてもやる気がなかなかでなくて、なかなか上達しないこともあります。

このような場合は個人レッスンのピアノ教室よりも、グループレッスンのピアノ教室のほうがいい場合があります。

幼児期でも特に幼稚園の年少から年中の子(3歳から4歳)は、30分間椅子に座ってピアノを弾くレッスンを受けることはほぼできません。

しかし大勢でガヤガヤとやることで遊び感覚の気持ちが増して、レッスンを受けることができることがあります。個人レッスンのピアノ教室ではマンツーマンでの指導を嫌がる子もいます。それらの理由で個人レッスンのピアノ教室に入っても続けることができない3歳~4歳の子も、グループレッスンのピアノ教室に入った場合は続けられることがあります。

わが子の通っている幼稚園の課外学習で行っているピアノのグループレッスンは、年少で落ち着きがあるとは言えないような子たちもやめることなく続けています。

またグループレッスンの方が早い年齢から始めやすいです。始める難易度はグループレッスンのピアノ教室の方が個人レッスンのピアノ教室よりも低いと感じます。

2) 気楽に始められる

子供を友達と一緒に入れて楽しく過ごさせたいとか、あまりガチガチの練習は好まないのでゆるくピアノを習わせたいなどと考えている場合は、グループレッスンは費用も比較的安めのことが多いですから、気楽に始められるのでいい選択になると思います。

ただしグループレッスンのピアノ教室でも他の子についていくために、家での練習が必要になることはあります。

グループレッスンのピアノ教室のデメリット

1) どんな子でも同じスピードでレッスンが進む

グループの中に1人だけ何でもすぐにできるようになる子がいても、他の子と同じようなスピードでレッスンが進みます。早い子に合わせてくれることはありません。

また子供の上達が遅い場合は、できるようにならなければならないというプレッシャーが親にかかります。

早くても遅くても他の子に合わせなければならないため、やりにくく感じることはあるようです。

体調を壊して2回も連続でレッスンを休んでしまった時なども、他の子に置いていかれるようで落ち着かないことがあると聞いたことがあります。

まとめ

かなりのレベルで弾けるようになってほしいと思わず、気楽に始めるのであればグループレッスンがおすすめです。

本気でピアノを習わせるのなら個人レッスンのピアノ教室がいいと思います。ただし個人レッスンのピアノ教室は敷居が高いことはあります。特に3歳くらいでピアノを習う場合は個人レッスンのピアノ教室は最初はなじまないこともあります。

知り合いで最初に子供をグループレッスンのピアノ教室に通わせ、1年後に個人レッスンのピアノ教室に変えた人がいます。最初から個人レッスンのピアノ教室に通っていたら、続けられなかったかもしれないと言っていました。そんな選択肢もいいかもしれません。

グループレッスンのピアノ教室に通った知人で極端な失敗例は、あまりにもレッスンレベルが上がらなかったために、2年たった時に片手ずつ交互に簡単な曲を弾ける程度にしかならなかったという例があります。また個人レッスンのピアノ教室に通ったのに、いつまでたってもリトミックから抜け出せずにピアノを弾かせてもらえなかった子もいます。

子供をいつどこで習わせるかは、子供の資質を見極めてしっかり考えないと意味のないことにもなりかねませんので注意してたほうがいいと思います。

 

-意識と悩み3~4歳

Copyright© ゆうゆうき 子供のためにできること , 2022 All Rights Reserved.