意識と悩み3~4歳

七五三のために準備することとベストな写真スタジオの選び方

子供が三歳や五歳になると七五三の祝いを考えるようになりますね。

どのような手順で七五三の祝いをするのかよくわからない方のために、七五三というイベントをどのように計画すればいいのかお教えします。

七五三は基本的に、以下のことを行います。

  • 衣装を着て神社にご祈祷を受けに行く
  • 家族で食事する
  • スタジオで衣装を着て写真撮影をする

私は七五三の知識がまったくなかったですし、子供が生まれる二ヶ月前に今の土地に引っ越しましたから土地勘にも乏しく、地元の神社や写真スタジオはどこがいいのかまったくわかりませんでした。そんな状況でも、七五三で後悔しないように、情報を集めて準備しました。頑張って準備した結果、とても満足できる七五三になりました。

私の経験から、七五三の準備で大切だと気付いたことをお教えします。

七五三の催しについて考えておくこと

神社のご祈祷の予約する必要がある

有名な神社では、七五三のご祈祷は予約制になっています。場合によっては2ヶ月程度前に、予約がいっぱいになってしまうことがあるようです。

私は初めての七五三で、予約を取ろうとしたのが九月末でした。これではもう各神社は予約でいっぱいになっているのではないかと確認してみたら、地元の神社の七五三のご祈祷は、ほぼ100%が予約なしの当日受付でした。

大都市圏では神社の予約はすぐに埋まってしまうかもしれません。その場合は半年以上前から予約を入れておく必要があるので注意してください。私が住んでいるような地方都市では、予約は必要ないことが多いです。

今ではほとんどの神社がHPを持っていて、そこに七五三のご祈祷についても書かれていますので、確認してみましょう。

七五三当日にスタジオ撮影ができない

一組の撮影をするにも、なかなかの時間がかかります。七五三当日(11月15日)は予約が殺到するため、その日の撮影ができないことがあります。

衣装をレンタルしてから神社で祈祷を受けて、写真スタジオで撮影するような流れの行動ができないことが多いのです。

そのような場合は、七五三当日は衣装だけをレンタルして祈祷を受け、また別の日にスタジオ撮影することになります。2回衣装を借りることになりますが、衣装代金は余計にはかからないプランが用意されていることが多いです。

七五三専用プラン

多くの写真スタジオでは、七五三専用のプランが用意されています。スタジオで衣装を借りて撮影を行い、そのままお出かけして神社で祈祷を受け、スタジオに戻って衣装を返却するプランです。

多くのことを考える必要がないのでとてもお手軽で、多くの人がこのプランを利用するようです。店によっては、11月15日の七五三の日の前に写真撮影をしておけば、11月15日にも衣装を借りることができるブランがあります。

写真スタジオの選び方

以上の予備知識を持ったうえで、写真スタジオを選ぶことになります。

これがなかなか難しいのです。検討するのは料金や写真の映り具合の良し悪しだけではありません。

  • 料金
  • カメラマンの腕
  • 演出
  • 衣装の質や数
  • 撮影時間
  • 手渡されるメディア

主要な検討ポイントはこのようになります。

 

インターネットで写真スタジオを探す場合、料金が簡単にはわかりにくいことがあります。料金を決める条件は、以下のように細分化されます。

  • プリント写真の枚数
  • 着た衣装の数
  • アルバムやキーホルダーを注文した時の料金
  • 画像データを購入した場合の値段
  • お出かけ衣装のレンタル料

これから複雑に組み合わされていることが多いのです。画像データを購入できるのは、アルバムなどを30,000万円分購入する必要があるなど、条件が付くことも珍しくありません。

衣装も1つだけが標準料金で、増えるごとに料金も増していく場合と、何着着ても料金が変わらない場合があります。

お出かけ衣装のレンタル料とは、七五三の日に写真スタジオで衣装を借りて、神社に祈祷を上げてもらい行くことができるサービスです。

この金額もスタジオによって大きく違います。

このように考えると、どのようなスタジオを選ぶべきなのかが、よくわからなくなってしまうことがあります。

そこでスタジオを選ぶポイントを絞ってみました。

1)写真データの購入が安い

これは私が最も重要視したことでした。写真データさえ購入すれば、そのデータをもとに後からアルバムを作成したり、キーホルダーを作成することは容易です。多くの写真店でアルバムなどはデータがあれば作ってくれますし、インターネットで依頼する手もあります。つまり七五三写真は、撮影してもらった店でアルバムなどを作る必要はないということです。

そう考えると、高画質の写真データが安く手に入るスタジオを選ぶことは大切です。

2)衣装の替えは三回くらい

何回でも着替えが可能だというスタジオがあります。自分の子供にたくさんの衣装を着せてみたいと思うのは、誰も同じですね。でもたくさんの衣装を着せて撮影する場合、多くの時間がかかります。時間無制限でやってくれるところもありますから、そのようなスタジオは衣装交換も無制限だとうれしいですね。

ところがこれも落とし穴があります。たくさんの衣装の写真があったとすると、たくさんの写真や画像データを購入することになります。衣装交換無制限のスタジオは、画像データを購入すると、とても高いのです。画像データが安いところでは、衣装替えや時間が無制限であることはまずありません。たくさんの衣装でたくさんの写真を撮っても、それらの写真やデータを手に入れるには、大変な金額が必要になることがほとんどです。

結局たくさんの衣装替えをして写真をたくさん取ったのに、金額が高いために購入するのはほんの少しになってしまった場合、かかった時間が無駄になります。子供は何時間も撮影されるのは疲れます。時間をかけて子供を疲れさせて、結局写真を買わなかったのでは意味がありません。

私は衣装替えは3回くらいがベストだと思っています。男の子の場合は、着物と洋服を一着ずつ着られれば、充分だと思っています。特に3歳児の場合は、何度も着替えさせられて、長い時間撮影するのは大変です。

3) お出かけレンタルを利用するかしないか

お出かけレンタルとは、スタジオでの撮影ではなく、衣装を借りて神社で祈祷を受けたり参拝したりするために、衣装を借りることです。

多くのスタジオでこのサービスプランがあります。

このお出かけレンタルと撮影のセットですが、注意しなければならないことがあります。

まず一つは、お出かけレンタルプランの場合、衣装が一つしか着られないこともあるのです。一つの衣装を着て撮影し、そのまま神社に行くのですが、当然写真の子供は一着の衣装しか撮影できません。

このプランは安いので飛びつきたい気持ちになりますが、一着だけだと寂しいと考えて衣装替えができるようにすると、値段が一気に跳ね上がることもあります。値段と衣装の数のバランスを考えてスタジオを選びましょう。

4)衣装のネットレンタルも考える

お出かけレンタルはスタジオによっては、レンタル料金が20,000円くらいになることもあります。もしお出かけレンタル料金がとても高い場合は、写真スタジオで行うことは撮影だけにしておいて、神社への参拝は別のレンタル衣装業者に借りた服で行く方がいいこともあります。

ここでおすすめしたいのが、ネットで七五三用の衣装をレンタルすることです。このおすすめ理由は以下です。

・衣装レンタル料が格安になる

神社で祈祷を受ける時に着る衣装のレンタル料金ですが、写真スタジオで借りると20,000円くらいするところが、ネットでの衣装レンタルでは5,000円くらいで借りられます。

・スタジオ撮影時の衣装が複数選べる

写真スタジオでは、神社へ行くときの衣装レンタルもスタジオ撮影の衣装レンタルも写真撮影の費用も、すべて込みになっているプランがあります。

これは安価に設定されていることが多いですが、衣装が1着しか着れないこともあります。オプションで衣装替えができるようにすると、先ほども触れたとおり料金が跳ね上がることが多いです。

すべて込みになっているプランをやめて神社に行く日はネットで衣装をレンタルし、スタジオで七五三写真撮影だけのプランを選ぶことで、料金をかなり抑えられるだけでなく、衣装替えを何度かできるようになることもあります。

・衣装の返却を慌てなくてもいい

写真スタジオで衣装を借りると、レンタルしたその日のうちに衣装を返さなければなりません。

ネットレンタルの便利な所は、1週間も衣装を借りっぱなしにできることです。自宅に一眼レフカメラなどがあれば、親が写真を撮り放題です。神社で祈祷を受けた後も、慌てて衣装を返却する必要がないので、ゆっくりと神社で撮影して回れます。

写真スタジオを選ぶ

以上のことから、私がどのような写真スタジオを選んだのか紹介します。

私の求める条件としては、撮影日と神社に行く日を別々にできて、もらえる画像データ50以上で、衣装替え2回以上、撮影時間1.5時間以上で、お出かけレンタルは6,000円くらいであればいいと思っていました。この条件であれば、画像データが少なすぎて物足りないこともありませんし、衣装も和服と洋服の両方が着られます。撮影時間は1時間では少し短いと感じますから、それ以上あればよかったです。お出かけレンタルは、ネットでは5,000円くらいで借りられます。それより大きく値段が違わなければいいのです。

その条件で探したところ、ぴったりのスタジオがありました。100枚写真を撮っても、データ購入料金は23,000円ほどです。アルバムの購入は必要ありません。画像データ100枚くらい、衣装替え3回、撮影時間2時間ほどで、選べる衣装も3歳男児で50着ほどありました。お出かけレンタルは、ネットレンタルよりもはるかに豪華な衣装だったため少々予算を超えました。値段だけを考えれば衣装はネットレンタルの方が圧倒的に安いです。しかし衣装の豪華さは、スタジオの方が格段に良かったのです。そして1泊2日、衣装を借りられましたから、家でしっかり写真を撮ることができました。

以上のことを考えて、11月15日にはスタジオで衣装を借りて神社で御祈祷を受け、11月27日にスタジオで写真撮影することになりました。

スタジオに下見に行く

スタジオの予約は、現在はネット予約が多くなっています。しかし実際の衣装を見たり、撮影現場を確認しておく方がいいです。

HPにある小さな写真では本当のイメージはつかみにくいです。

実際にスタジオに出向けば、雰囲気もつかめますし細かな打ち合わせもできます。子供の機嫌が悪くなって撮影がまったく進まない場合、どのくらい延長してもらえるなどの心配も、直接話して確認できます。

私は候補のスタジオをいくつか選んで、すべて回って話をしてみました。そして衣装のクオリティーを確認し、金額を確認してスタジオを決めました。

まとめ

七五三の準備のためのポイントをまとめてみます。

  • データがあればアルバムなどはいつでも作れるので、データが安く買えるスタジオを選ぶ
  • お出かけレンタルが6,000円以上の場合は、神社に行くための衣装はネットで借りた方が安い。その場合はスタジオでは撮影だけのプランにする。しかしスタジオの衣装の方が豪華であれば、スタジオ衣装を借りることも考える。
  • 衣装替えが好きなだけできるところは、写真やデータを購入費用が高いことが多い。
  • 子供のことを考えると、撮影時間は1.5~2時間くらいがちょうどいい。
  • 衣装替えが多いのは魅力だが、安いプランに衣装替えが2~3回の物があれば、それでも十分満足できる。
  • 写真スタジオ選びは、候補をいくつか決めて、直接出向いて話をすることは重要。

こんな考えで私は七五三撮影してくれるスタジオを選びました。

結果、大満足です。

ちなみに家でレンタル衣装を着て撮影を行いました。その時に気付いた子供の成長について、七五三で衣装を嫌がる子供の対策。わが子はこの方法で完璧でした。という記事を書いています。ぜひご覧ください。

 

-意識と悩み3~4歳

Copyright© ゆうゆうき 子供のためにできること , 2022 All Rights Reserved.