運動3~4歳

幼稚園の運動会 かけっこで速く走る方法

わが子も幼稚園に入園して初めての運動会を経験しました。

幼稚園のメインは子供のかけっこです。このかけっこで少しでも速く走って欲しいと考える親御さんは多いと思います。

そこで絶対に効果のある子供を速く走らせる方法を考えましたので、紹介させていただきます。

走り方を教える

かけっこで速く走るためには、そこまでに体や運動能力を高めておくことが大切です。とはいえ運動会直前では、すぐに運動能力は高められないでしょう。そこで一夜漬けでできる「速く走れる方法」を紹介します。

手を振る

幼稚園児は手を振ることを考えずに走る子がいます。特に年少の子は手をあまり振らずに走ることが多いようです。

しっかり手を振ることを覚えただけで、走り方がスムーズになってスピードが急激に上がることがあります。

わが子も足は速かったですが、手の振り方が少し弱かったです。幼稚園のかけっこの練習で手の正しい振り方を教えらもらったところ、スピードが一気に伸びました。

手を振ることを教えるのはとても効果的です。

歩幅を広くする

特に年少の子供は、ちょこちょこと小股で走ることがあります。スライドを伸ばして走ることを教えることで、正しいフォームになって走りが激変することもあります。

わが子も運動会の直前にスライドを伸ばすようにできるようになったため、年中の速い子にもまず負けないくらいのスピードになりました。

スタートダッシュする方法を考える

スタートダッシュするにはいくつかコツがあります。

1)前足を前に出しておく

前足を前に出しておくと、スタート時に後ろ足をそのまま大きく動かせるのでスタートダッシュが利きます。

最初の一歩が大きくなるので速くスタートできるのです。

前足を前に出してスタートに備えるようにしましょう。

2)後ろ足を蹴りだす

後ろに下げた後ろ足を思い切り蹴りだして走るようにします。コツが少々必要ですが、スタートダッシュの強い武器になります。

3)前傾でスタートする

前に倒れるくらいのイメージでスタートするように教えます。前傾になることはスタートダッシュにとても有効です。

抜け出しても流さない

走り方とは違いますが、走り出して一人だけ抜け出したり、一人だけ置いていかれたりした場合、スピードを弛めてしまうことがあります。

どんな状況になっても最後まで全力で走ることを言い聞かせておきましょう。

ゴール前でスピードを緩めた子が、猛然とスピードを上げてきた子にゴール前で抜かれることもあります。

走り方について

走り方は子供が間違った解釈をすると場合によってはマイナスになることもあります。

運動会まだに日がない場合は、間違った走り方になって失速するのであれば、間違いを正すのではなくその方法を止めてしまうほうがいいことも多いです。できないことは教えなかったことにして、元に戻して走らせたほうがいいことを体験しましたので紹介します。

わが子に「前傾でスタートする」という方法を教えました。するとわが子はスタート時は前傾でなく、走り出してから前傾にするようになりました。最初から自然な形で前傾にならない限り効果はなく、わが子の前傾は失速を招いていました。そのためすぐに前傾で走ることは捨てさせました。

このようにじっくりと走り方を変えていくだけの時間がない場合は、無理して走り方を変えないほうがいい場合もあります。

手を抜かないようにご褒美を考える

かけっこで一番になるために、わが子にはご褒美を用意しました。一番になったら大好きなすし屋に連れて行くと言っておいたのです。

これでわが子は頑張って走ってくれましたが、このようなご褒美を用意することもお子さんによっては必要かもしれません。

これはわが子特有のことかもしれませんが、本気にならない時が頻繁にあります。人に負けないように頑張ろうとしないで、手を抜くことがしょっちゅうなのです。3歳の後半からはかなり改善されてきましたが、それでも運動会のかけっこで手を抜く癖が出ないとも限りません。

そんな理由でわが子にはご褒美を用意しました。

フライング

インターネットで園児のかけっこの動画をたくさん見ましたが、特に年少の園児はフライングしてしまうことが結構あるようです。これがなかなか考えものでトラックを回るかけっこの場合、フライングで先に出られたらかなりの実力差がない限りなかなか抜けないのです。

フライングしない子はスタートのことをしっかり理解している子であり、判断能力も高いです。判断能力も高い子は総じて成長が早いので、走るのも速いことが多いようです。それで負けるのは親としては悔しい気持ちもあるかもしれませんね。

わが子か初めて幼稚園の体操教室に参加した時、走る場面では一人だけフライングしなかったのでいつも負けていたと妻が言っていました。

フライングされたらなかなか勝てるものではありませんが、その場合は仕方ないと諦めて、負けてもお子さんの健闘をたたえてあげましょう。

わが子の実績

年少のわが子は幼稚園の運動会では6人で走り、トップでゴールしました。

しかしスピードは家で走り回っている時に比べたらはるかに遅かったです。この理由は靴にあるようです。

わが子の通っている幼稚園は大きな体育館を借り切って運動会を行っています。そこで使う靴は、幼稚園で使う上履きです。これが重いしすぐに脱げてしまうのです。わが子は全力で走ると上履きが脱げてしまうことを嫌がり、一定以上のスピードで走りませんでした。6人中トップでゴールしましたが、タイムでは学年60人中4番目でした。わが子よりも速い子はまだ3人いました。

わが子のスピードが遅かったのは靴のせいだと確信したのは、体操教室に参加した時でした。

市民の体育館で行われた年少の子を対象にした体操教室に参加したのですが、8人全員裸足で走り回りました。この時はほとんどの子が幼稚園の年少で最も速く走った子よりも速いスピードで走っていました。その中でもわが子は一番速かったのです。走るフォームがきれいになったわが子は、かなりのスピードで走れるようになっていることを実感しました。

これも運動会前に速く走るために少々レクチャーしたことで体の使い方がかなりよくなったことも大きな要因だと思います。正しい走り方をさせることはとても重要だと思います。

 

-運動3~4歳

Copyright© ゆうゆうき 子供のためにできること , 2022 All Rights Reserved.