運動3~4歳

自転車に乗れない場合の対処方法 原因は子供によって違う

お子さんがなかなか自転車に乗れないと思っている親御さんに伝えたいことがあります。とても大切なことですが、自転車に乗れない理由はすべての子が同じではないということです。

お子さんによって乗れない理由が違いますから、乗れない理由を把握したうえで対応を考える必要があります。

正しい対応を取ることができれば、お子さんを自転車に乗れるようにすることができます。

バランスを取れない

ストライダーなどのキックバイクに乗らせていると、自転車には簡単に乗れるという話があります。ストライダーに乗ることでバランス感覚を向上させられるからです。ストライダーでスピードが付いた時や緩斜面を降りる時などに、両足を上げて進めるようになれば、自転車に乗っても倒れません。ストライダーに乗っていても両足を上げて進むことができない場合は、自転車に乗るまでに苦労する可能性があります。

ただしバランス感覚は多くの場合が自然に備わるものです。ほとんどの子はいつか必ずストライダーなどのキックバイクで、(スピードをつければ)両足を上げてバランスを取って進むことができます。その時まで無理して自転車に乗らせることをせずに、キックバイクに慣れておくほうが効率的に自転車に乗れるようになると思います。

ペダルが回せない

補助輪付自転車で走る子供

自転車のペダルを回すのは簡単だと思う親御さんが多いと思います。しかし最初から簡単にペダルを回せない子はたくさんいます。特に4歳になるまでの小さなお子さんは、ペダルがすぐには回せないことが多いです。

その場合は三輪車に乗らせたり補助輪付きの自転車に乗らせるなどして、ペダルを回すことを覚えさせる必要があります。

わが子の場合は補助輪がない状態で自転車に乗る練習をさせても、ペダルを回せないので自転車に乗れるようになりませんでした。補助輪を自転車に取り付けてペダルを回すことを覚えさせたら、すぐに乗れるようになりました。

これも年齢が上がるとすぐにできる場合が多いです。5歳くらいになるとペダルを回す練習すら必要なく、簡単に乗れる子も出てきます。

いずれにしろスムーズにペダルが回せないと、自転車には乗れません。なかなかペダルがスムーズに回せない場合は、ペダルを回す練習をさせることが第一で考える方がいいと思います。

自転車が大きすぎる

自転車が大きすぎて乗っている子の足がしっかりと地面に着かない場合は、転倒が怖くてなかなか自転車に乗れるようにならない場合が多いです。

上の子のお下がりのため自転車が大きいとか、長く乗らせたいので大きめの自転車を買った場合は、足がしっかり地面に届かないため乗れるようになるまでに時間がかかるようです。

子供によって程度の差はありますが、自転車に跨って足がかかとまでぴったりと地面に着くくらいでないと、補助輪なしの自転車に乗るのを怖がる子もいます。

大きすぎる自転車で練習させないほうがいいでしょう。

自転車が重すぎる

自転車の補助輪を跳ね上げて乗っている子供

自転車に乗れるように練習するのですが、自転車が重いと漕ぎだしが大変で、なかなかスピードが上がりません。自転車はある程度のスピードがつかないと倒れてしまうため、自転車が重すぎてスピードが出ないと乗れるようになりません。

ただし4歳くらいになると市販の14インチの自転車なら、どんな物を買っても普通なら重すぎることはないと思います。重過ぎるために乗りにくいのは、平らではなく上りの道を走る場合と、地面がデコボコなどスピードが出にくい条件の場合です。

このような条件で重い自転車に乗ると、スピードに乗るまでが大変なので自転車の練習をする意欲がなくなってしまうかもしれません。

練習場所が適切でない

自転車が重すぎる場合でも触れていますが、走る地面の状態が悪いとスピードが出せないので自転車に乗れるようになりにくいです。

転倒しても怪我がしにくいように土の上や芝生の上で自転車に乗る練習をさせる親御さんがいます。その場合はタイヤが回転しないのでスピードが出にくくバランスが取れないのでなかなか乗れるようにならないのです。

このような場合は練習場をアスファルトの上に変えると、あっさりと乗れる場合があるようです。

ここまでの総まとめのようになりますが、以下のようなパターンでなかなか自転車に乗れない子は多いのです。

大きめの自転車を買った→足が着かないので転倒が怖い→転んでも怪我をしないように芝生の上で練習する→スピードが乗らないので乗れない

このようにならないように考えていく必要があります。

全体のまとめ

ここまでのことをまとめると、以下のように考えると自転車に乗れるようになりやすいのです。

  1. 足がぴったりと地面に着くサイズの自転車を選ぶ
  2. キックバイクもしくは自転車のペダルを外した車両で走らせ、両足を上げてバランスを取って進めるようにする
  3. ペダルをスムーズに回せない場合は補助輪を付けてペダルを回す練習をする
  4. 適切なスピードを出せるように上り坂や芝生や土の地面を避けて、平らなアスファルトの上で乗る練習をする

このようにすれば自転車に乗れるようになりやすくなります。

転倒が怖い

ストライダーで転倒した1歳児

条件を揃えても乗れない子はいます。自転車に跨ったまま転倒することを極端に恐れる場合です。

キックバイクなら転びそうになったら足を地面に着いて倒れることが防げるのに、ペダルを回すとその行為に集中してしまい、転びそうになった時にとっさにペダルから足を離して、地面に足を着けない場合があります。

そのような形で転倒してしまうと、転倒を極端に怖がる子は自転車に乗る意欲を失ってしまうこともあります。

これは臆病なわけではないですし、能力が低いわけでもない場合が多いです。転ぶのが怖いのは本人の体を守る意識が強い場合が多いですし、転倒は誰だって怖いからです。

転倒を怖がって自転車に乗る意欲がわいてこないお子さんは、怖がらない年齢になるまで自転車に乗る練習をさせないほうがいいかもしれません。

自転車は多くの場合はいつか必ず乗れるようになります。もし乗れない場合は、まだ時期が早かったと考えた方がいい場合があります。

まとめ

自転車になかなか乗れない原因は1つではない場合があります。「どうしても自分の子供には早い時期に自転車に乗らせたい!」という強い希望がある場合は別ですが、そうでなければお子さんが成長するまで待つことが最も簡単な解決方法です。

幼児期にはバランス感覚などは放っておいても日々伸びていきます。いつか簡単に自転車に乗れる時がきっと来ると思います。

 

-運動3~4歳

Copyright© ゆうゆうき 子供のためにできること , 2022 All Rights Reserved.