運動3~4歳

2~3歳の子に長い距離を歩かせる方法とその効果を紹介します

幼児をたくさん歩かせると、様々な効果があると言われます。足も丈夫になりますし、疲れてよく寝てくれます。

少しでも自分の子供が歩き回ってくれるようになって欲しいと願う親御さんもたくさんいると思います。しかし思い通りにならないことも多いのではないでしょうか?

私たち夫婦も、自分の子供が毎日たくさん歩いてくれることを望みました。そしていろいろと考えて歩く気持ちを高めた結果、3歳前のわが子は、とても元気に毎日外を歩き回ってくれるようになりました。

どのようにして歩くことが大好きにしたのか、そのやり方を紹介します。

年齢による歩くべき距離

公園で大きな紅葉の葉を両手で持って笑顔の2歳児

2歳や3歳になった時、毎日どのくらい歩けばいいのでしょうか?

調べてみると、2歳で2km、3歳で3km歩くことを推奨する情報があります。また年齢+1kmを毎日歩くように勧めている情報もあります。その場合は2歳で3km、3歳では4kmにもなります。

しかし2歳で3km歩くことのできる子供は、どのくらいいるのでしょうか? おそらくほとんどいないと思います。

2歳とひとくくりにしていますが、2歳0ヶ月0日の子も2歳ですし、2歳11ヶ月31日の子供も2歳です。さすがに2歳0ヶ月0日の子供に、3km歩かせることはかなり難しいでしょう。おそらくそれができる子は、限りなく0に近いと思います。つまりネットで言われている、毎日歩くべき距離は、現実とはかけ離れていることになります。

2歳で3km、3歳で4km歩くことを推奨しているサイトも多くありますが、その記事を書いた方が、自分の子供をそれだけ歩かせていたのでしょうか? 私が調べたところ、2歳児に2kmや3km歩くことを推奨している子育ての専門家が、実際に自分の子供をそれだけ歩かせているという情報は、得ることができませんでした。

個人のブログなどもで、2歳で3kmも歩かせている人はほとんど見つけることができません。一般的に推奨されている日々の歩行距離を満たしていない子供は、おそらく95%を超えると思いますが、それでもどの子供も元気に成長していくのです。

できる限りたくさん歩かせることは必要だと思いますが、子供の性格にも影響されます。歩くことが嫌いな子は、親が歩くように誘っても歩こうとしません。

子供の気持ちや能力を無理してたくさんの距離を歩かせようとするのではなく、少しでもいいので、楽しみながら子供と一緒に歩いてみましょう。

わが子が2歳11ヶ月の時、3kmは連続で歩いていました。1日だけのことではなく、毎日歩いていました。

このような例はおそらく特殊だと思いますが、長い距離を歩けるようになったのには理由があります。おそらく多くのご家庭でも、子供の歩く距離を増やすことは可能だと思います。

そのやり方をこれから紹介します。

歩くようになるきっかけづくりと継続させる方法

靴を履いて歩く1歳児

外を歩くきっかけ作りが大切です。きっかけはお子さんによって違います。

わが子の場合ですが、夜に歩くことが大好きになりました。9月末になって、夕方涼しくなり、夕食後にはまわりが暗くなります。暗くなった街を歩かせた時、街路灯などを見て「明るい! 明るい!」と興奮したのがきっかけです。暗くなった街に灯る街灯を見るのが大好きになったのです。

それから毎日夕食後に、街灯を見るために外を歩くようになりました。

歩くことが楽しいと思うきっかけは、お子さんによって違います。

わが子はその後、寺にある手水舎に取り付けてある竜を見たいと言うようになりました。

また家から500m離れた場所の地下道の階段を上り下りするのも大好きになりました。

歩き続けられた理由の一つが、それらの場所に行きたいという欲求を持ったことです。

適当な距離に、お子さんが興味を持つような場所や建物があれば、それを目標に歩かせることがいいと思います。

きっかけを作ったら、歩くというイベントが楽しいものだと思わせる必要があります。

いくら行きたい場所があっても、何日も続けて行っていたら、飽きてしまうでしょう。飽きる前に歩くことが楽しいことだと思わせれば、歩くことが習慣になります。

どのように歩くことを楽しくするのか、以下で説明します。

幻滅させない

歩くというイベントで子供を幻滅させないことが、とても大切なことです。

子供は歩くのが楽しくなると、「歩きたい」と自分から言い出します。そしてパパママが歩くのに付き合うのですが、この時の子供に対する対応が、とても大切なのです。

付き合っている親が、歩くのが嫌になるのが子供よりも先で、「もう帰るよ」と言ったら、子供は心底がっかりするでしょう。

外に連れ出した以上、できる限り子供の要求に応えるようにすることが必要です。

またきれいな花を見て立ち止まった時など、子供が興味を持った物を観察している時に、「そんなの見ていないで、早く歩こう」などと言って、無理やり歩かせることはご法度です。子供がせっかく歩くことに興味を持ったのですから、思う存分見せてあげましょう。歩くというイベントを楽しめるようにしなければなりません。

わが子の場合は、高いところに登りたがったら登らせます。水たまりに入りたがったら、靴が汚れる上に靴下まで濡れるような深さでも、入らせたことがあります。靴を濡らすと後から気持ち悪くなると気付くことも勉強です。わが子は一度水たまりに入って靴を濡らしたら、その後二度と水たまりに入ろうとはしなくなりました。

何かを観察し始めたら、見たいだけ見させています。時には20分くらい、子供の観察に付き合うことがあります。夏場には蚊がいますから、じっと動かずに何かを観察しているわが子のまわりに飛び交う蚊を、夫婦でひたすら追い払い続けたこともあります。

とにかく危険なことと他人に迷惑をかけること以外は、子供の要求に応えるようにすることで、歩くことが楽しいと思い続けてくれます。

これが一番大切なことだと私は考えています。

親が好かれること

わが子が外歩きが大好きになったのは、毎日両親が一緒に歩いてくれることがうれしいからのようです。わが子はママだけと遊んでも楽しみますし、パパだけと遊んでも喜んでいます。しかし二人同時に付き合うといっそう楽しいようで、はしゃぎっぷりが違います。

パパママが毎日歩くのに付き合うことで、わが子は歩くのが大好きになったのです。歩くというよりも、パパママと一緒に過ごす時間が楽しい気持ちも大きかったと思います。

ママだけが好かれるだけでもいいとは思いますが、パパも子供に好かれることで、効果は倍増します。

両親ともに子供に大好きだと言ってもらえる存在になることはとても重要なのです。両親を好きになってくれたら、その両親と一緒に歩くことが、子供は楽しくてたまらなくなります。

わが子は歩いているときいつも、「お父さん、お母さんと3人で歩くから楽しい」と言ってくれていました。

子供が一緒にいたいと心から思えるような存在に、パパママがなることはとても大切です。

歩くときに意識しておくこと

動物園で動物を見上げる2歳児

疲れた時の対応

2~3歳児は楽しく歩くようになっても、疲れるとすぐに「抱いて」と言ってきます。歩くのが大好きなわが子でも、疲れると抱いて欲しいと言います。

甘えている場合は、甘えさせるのも仕方がないと考えて、抱くことがあります。しかしすぐに抱いてしまうと癖になるため、「頑張って歩こう」と言って歩かせることもあります。

抱いて欲しいと言った場合にも抱かずに歩かせることがありますが、この判断はなかなか難しいです。

私の経験だと3歳前後のわが子は、3~4km歩くと満足しました。つまり1.5~2kmで折り返すとちょうどいい距離になります。帰る途中で3km以上歩いた場合に抱いて欲しいと言いだした時には、無条件で抱いてあげてもいいと思っていました。

2~3歳児で3kmほどの距離をいつも歩いていれば、すぐに足が強くなり、3~4km程度では抱いて欲しいと言い出さなくなります。

しかし子供が抱いて欲しいという場合、抱いてあげたほうがいいこともあります。

ある日わが子が歩いている最中に、抱いて欲しいと言ってきました。歩く前に途中で抱いてと言わない約束をしていましたし、歩いている時もそれを何度も確認しました。

その日は子供の言われるままに遠くまで行きました。「そこまで行くとすごく遠くなるよ。ちゃんと歩いて帰って来られる? 抱いてって言わない?」と何度も聞きました。わが子は「大丈夫」と言っていました。

しかし家まであと300mのところで、抱いて欲しいと言ってきたのです。

私はすぐに抱いてあげました。いくら子供との約束事だったとしても、2歳の子供が距離に対する疲労度を計算できるはずがありません。抱いてと言わないと約束しても、思いのほか疲れてしまったら抱いて欲しいと思うのは当然です。

抱いてあげたばかりは、わが子はちょっと下向きの視線で表情も固かったです。

今日は抱いて欲しいと言わないと約束したのに、抱いてもらったのです。申しわけない気持ちがあったと思います。

しばらくすると控えめに私の顔を、ちらっと見てきました。

すかさず私がわが子に笑顔で応えた時に、ひまわりが咲いたようにぱっと明るくなったわが子のうれしそうな表情は、私は忘れることができません。

わが子は私との約束を守れなかったのですが、それでも父親に嫌われなかったことを理解したのでしょう。満面の笑顔を見せてくれたことで、私は抱いてあげてよかったと心から思いました。

子供はただの甘えで抱いて欲しいということはあります。しかし本当に疲れて歩くのが嫌になることもあります。大人なら少々疲れたと感じても無理をして歩きます。しかし子供は疲れたらすぐに歩きたくなくなるのです。このことは理解したうえで、子供が疲れた時の対応をするべきでしょう。

正しい対応をすれば、子供は親を信用してくれるようになります。信頼関係が強くなることは、とても大切なことです。正しい対応を続けると、多くの場面で親の言うことを聞いてくれる、素直な子になってくれるのです。

坂道は疲れる

地下道や歩道橋、急な坂をわが子は歩きたがります。そのような場所をたくさん歩いた後は、3km歩くと抱いて欲しいという頻度が上がります。

幼児が階段や坂道を上り下りするのはかなり体力を使うことを考えておきましょう。

たくさん歩かせる効果

動物園の道を歩く2歳児

わが子をたくさん歩かせたことで、私が実際に感じた効果を上げてみます。

よく食べる

わが子は毎日3km歩くようになってから、強烈にたくさん食べるようになりました。2歳で大人用の天丼をすべて食べ切ったこともあります。

たくさん歩くことは、たくさん食べることに直結します。好きな物ばかり食べさせず、たくさんの野菜や魚なども食べさせているので、わが子はとても健康です。

よく寝る

3歳前後の時の例ですが、昼寝を1時間したうえで、20時から朝の7時まで寝ます。トータルで12時間ですね。夜遅くまで起きていることもまったくなくて、就寝時間が固定できていますからとても楽です。

走るのが速くなる

歩くだけで鍛えられますが、わが子は必ず途中で走りだします。これがとても速いのです。2歳の時には3歳の子にも負けないくらいのスピードで走ります。

歩くことで間違いなく、走るのは速くなります。

階段の上り下りが平気になる

歩道橋や地下道を歩くこともあるので、階段の上り下りが得意になります。3歳前でも階段の上り下りは、大人のように簡単に一人でできていました。

痩せる

たくさん歩くと間違いなく痩せます。痩せることは体を軽くすることになります。

体が軽いと運動しても疲れにくくなりますし、動きが速くなります。楽しく動けるので、ますます運動が好きになります。

幼稚園に入る前から太らせないようにすると、幼稚園でも元気に走り回ってくれそうです。その結果、ずっと太らずに運動が大好きな子になってくれるかもしれません。

これは一生において、とても大切なことだと思います。

知能が成長する

家の中とは違い、外に出ると新しいものを発見するなどの刺激があります。この刺激が、脳を成長させると私は考えています。

家の外に連れ出すことで、わが子は毎日たくさんの刺激を受けています。言葉の発達や絵を描く能力が上がったことなどは、刺激をたくさん与えた結果だと思っています。

知育をするよりも、たくさん遊ばせて刺激を与える方が、頭がよくなるのではないかと私は考えます。

わが子は言葉の発達も早いですし、2歳で5歳並みの絵を描きます。

まとめ

私たち家族が子供と街を歩いている時にも、幼児を連れて歩いている家族はほとんど見ることがありません。確かに毎日2時間も、子供の散歩に付き合うことは大変です。それでも本気で子供のことを考えているのなら、面倒でも親ががんばって外に連れ出すことをおすすめします。

たくさん歩かせることで、わが子はとても元気で健康的になりました。「たくさん食べられる」、「よく寝られる」、「走るのも速くなる」などの効果だけでなく、様々な物を見て刺激を受け、脳も成長しますし親との絆も深くなります。

とても大切なことがあります。2歳後半のわが子は、多い時には1日4kmくらい歩くことがありましたが、これは運動習慣のない大人ではなかなか大変なことです。

親が体を鍛えなければ、子供には付き合えません。

できればパパママも歩ける体力をつけておくことをおすすめします。

 

-運動3~4歳

Copyright© ゆうゆうき 子供のためにできること , 2022 All Rights Reserved.