日記

2歳6ヶ月児のために自転車の購入を決意しました

2歳6ヶ月のわが子のために自転車の購入を決意しました。

自転車に乗ったらストライダーにはあまり乗らなくなるでしょう。

地面を自分の足でキックして進むストライダーよりも、ペダルを漕げば進自転車の方が簡単に走れますし楽しいはずです。

わが子のバランス感覚があれば、自転車は買って与えればすぐに乗れると思っていました。しかしここまで自転車を買わなかったのは、ストライダーカップに参加させたかったからです。

しかしわが子が自転車に乗ることを望んだので、遊びをストライダーから自転車にシフトすることにしました。

これでストライダーレースに参加する気持ちは完全になくなりました。これからは自転車に楽しく乗ってほしいです。

ストライダーレースを諦める

ストライダーレースに参加することについては、かなり真剣に考えていました。10万円もするフルカーボンのレース専用マシンであるストライダーST-Rまでも購入してありました。わが子はストライダーで走るスピードは驚異的に速いですし、コーナリング技術もありますし持久力もあります。絶対にストライダーカップの世界大会で優勝できると思っていました。

もし自転車を買ったら自転車に乗ることが楽しくなって、ストライダーで走ることには興味を失うでしょう。もうストライダーレースのための練習をさせようとしても、わが子は乗り気にならないでしょう。

とはいえストライダーカップは新型コロナウィルスの蔓延で開催されていません。世界大会自体が行われる可能性が著しく少ないのです。

そしてわが子はストライダーに乗らせたら、同じ2歳の子には絶対に負けないでしょう。レースでやる気になって走ってくれたら、わが子はどんな大会でも絶対に優勝できると思っています。

世界大会に出たら(やる気を持って走ってくれた場合)優勝は間違いなしだと思っているので、結果がわかっています。結果がわかっている以上出る理由もないのでストライダーカップに対する興味は、実のところかなり薄れていました。

そのような理由があったため、ストライダーレースの参加をきっぱりと諦めることに抵抗はありませんでした。

わが子が自転車に興味を持つ

わが子は自転車に興味を持っています。

私が通勤のために自転車で出かけるのを、いつも見送ってくれています。そのため自転車に乗りたい気持ちはかなり強いようです。

今朝わが子に自転車に乗りたいかを聞いてみました。すると「乗りたい!」と即答されました。

そしてたった今、自転車をインターネットで注文したところです。

自転車に乗れる最年少記録

国内で認定されている最年少で自転車に乗った子供は、2歳3ヶ月だそうです。

わが子は2歳6ヶ月になっていますから、最年少記録の更新はできません。もっと早くストライダーレースに見切りをつけていれば、最年少記録を更新できたのではないかと思ってしまいます。

ストライダーカップなどのレースで何の実績も出せず、自転車に乗れた最年少記録の更新にもチャレンジできませんでした。

しかしそれらのことを残念に思う気持ちはあまりありません。わが子はこれからもわが子はたくさんのスポーツとの出会い、日本一や世界一になれるチャンスはきっとあると信じているからです。

2歳で自転車を購入する理由

自転車を購入するのですが、わが子はすぐに自転車に乗れると思います。そう思う理由はバランス感覚が卓越していることと、足が長いことです。

ストライダーでスピードを付けて両足を上げてバランスを取って乗る能力は、わが子に勝てる幼児はいないと思っています。1歳9ヶ月のわが子のバランス感覚を紹介する動画がありますので、ぜひご覧ください。

このバランス感覚があれば、自転車もすぐに乗れると思っていました。

自転車のサドルにまたがった時に足が着くかどうかですが、2歳6ヶ月でストライダーに乗る場合、ほとんどのお子さんは楽々足が着くと思います。

わが子ももちろん楽々足が着きますが、サドルはすでに10cm以上上げています。足が長いので12インチの自転車なら、楽々足が着いて転倒を防げます。転倒しなければ乗ることを怖がらないので、乗れるようになるのは早いと思っています。

とはいえ幼児期に何かができるようになるためには、才能とやる気が必要です。わが子には才能はあると思っていますが、自転車に乗りたいという強い気持ちを持っているかどうかはまだわかりません。自転車に乗りたいという気持ちを持っていた場合に限って、すぐに乗れるようになるでしょう。もし乗る気がまったくなかった場合は、すぐには乗れないかもしれません。

自転車については、早く乗らせるために親が一生懸命教え込むようなことはしないつもりです。

わが子には2歳半まで、たくさんの遊びをさせてきました。その中でストライダーに乗ることだけは、わが子になるべく乗ってもらうように親が努力しました。(それでも嫌がったらそれ以上は乗らせませんでしたが)

しかしそれ以外のすべてのことは、やりたいときにやらせているだけです。絵を描くことなど運動とは関係ないことですら、(ペンの持ち方だけを教えて)何も教えずに自由にやらせています。

自転車を購入しても、3歳くらいまでに乗れればいいかなと思う程度です。無理に教え込むことはしません。

購入した自転車はへんしんバイク2

購入した自転車は、へんしんバイク2です。

このへんしんバイク2は最初はキックバイクで使用し、キックバイクで走ることに慣れたらペダルなどを取り付けて自転車にへんしんさせられるものです。

ストライダー乗りの達人であるわが子には、へんしんばいく2をキックバイクモードで使わせる必要はなく、最初からペダルを取り付けて自転車として使う予定です。2歳6ヶ月の子供に最初から自転車として使わせる親は、もしかしたらへんしんバイク2を購入したユーザーでは初めてかもしれません。

自転車は乗れたら絶対に楽しいでしょう。その喜びを早くわが子に味わってもらいたいです。

 

わが家ではこれで、以下のバイクを購入したことになります。

  • 1歳2ヶ月:D bike mini
  • 1歳5ヶ月:ストライダーpro
  • 1歳7ヶ月:ストライダーST-R
  • 2歳6ヶ月:へんしんバイク2

1歳になったばかりから乗れるバイク関係の物はオールコンプリートですね。

ストライダーまではどの製品も楽しそうに乗り回し、技術も同年代ではトップレベルでした。

へんしんバイク2も楽しく乗ってくれることに期待します。

 

 

-日記

Copyright© ゆうゆうき 子供のためにできること , 2022 All Rights Reserved.